読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

onrrybscqの日記

火を見るよりも

春の夜は生きている。春の夜は、南の空のもっと奥の地平線で、宇宙にしか聴こえない音楽を歌っている。冬の夜は息をしていないのに。いつも灯りの下に蛾が死んだ道で日の当たらない部屋で夜の入り口で、綺麗な顔をして手招きしている。90代と70代の女性が手を繋いで線路に飛び込んで死んだニュースに、どうして電車で死ぬの、迷惑がかかるじゃんって妹が怒ってた。死が遠ざかる春は良い、電車が遅れなくて済むもの。電車は心臓の音みたいに規則正しく動いた方がいいらしい。私たち個人の不安は果てしない宇宙に繋がっている。星雲はいつも人間の魂のかたちをしていて、人は死んだらあそこに帰るのだ。